【ぱんと郷土料理と】イカメンチ

【ぱんと郷土料理と】イカメンチ

ぱんと郷土料理と

「どこの生まれですか」そんな問いのむこうに思い浮かぶもの、それは日本各地の食卓。情報網や物流が発達して、各地の食べものを知り、取り寄せることがかんたんにできるようになった今でも、まだまだ知られていない郷土料理があります。その土地ならではの食材を、そこに伝わる知恵と工夫で調理した、懐かしい香りのする料理の数々。ここでは、そんな郷土料理をパンと一緒に味わう旅をしてみましょう。意外な組み合わせとおいしさに出会えるかもしれません。

今回ご紹介するのは「イカメンチ」。青森県津軽地方の郷土料理です。イカの足(ゲソ)を包丁でたたき、季節の野菜などと一緒に小麦粉を混ぜ、油で焼いたり揚げたもので、津軽弁では「いがめんち」と言うそうです。昔は家庭で作る料理でしたが、今では店で売られているものを買うことが多くなったとか。

日常的な野菜を加える他、季節のふきのとうやタケノコ、青じそを入れたり、カレー粉などを入れるスパイシーなイカメンチなどバラエティーは豊富です。新鮮なイカが手に入ったら、身は刺身、ゲソはイカメンチでという楽しみ方もいいですね。

イカメンチという名の通りイカはミンチにしますが、完全に挽いてしまうよりも粒が残っている方が味わい深くておいしいように思います。イカを刻むのが少々面倒ですが、揚げたては思わず歓声が上がるほどおいしいので、ぜひ作ってみてください。

パンにはさんでもおいしいです

レシピ「イカメンチ」

ゲソだけを使うのが伝統的な作り方ですが、ここではイカを丸ごと使いました。イカはミンチにしますが、ある程度粒が残っているほうがおいしいです。まとめて作って冷凍してもいいですね。

<材料>約20個分
イカ 200g(2杯)
キャベツ 100g
玉ねぎ 50g
人参 50g
卵 1個
片栗粉 大さじ2
薄力粉 大さじ2
醤油 小さじ1
塩 小さじ1/2
生姜 すりおろし小さじ1

<作り方>
①イカは内臓と皮、吸盤を除き、細かく刻むかフードプロセッサーでミンチにする。
②キャベツ、玉ねぎ、人参はみじん切りにし、①のイカとその他の材料をすべて混ぜ、直径4~5cmくらいの小判型に握る。
③170~180℃くらいの揚げ油で8~10分かけてじっくり揚げる。

手作りパン派におすすめ!
「小満」のそら豆フォカッチャ【シリーズ:二十四節気を楽しむぱん】
【一汁一ぱんのすすめ】ズッキーニの味噌ポタージュ

おすすめのぱん「ゴーダチーズクッペ」

チーズ好きに食べてほしい。豊かな旨味がたっぷり!
香りのよいゴーダチーズを使用しました。
もっちり生地にチーズが入った贅沢な一品。
ぜひトーストしてお召し上がりください!
原材料:小麦粉(小麦(国産))、ゴーダチーズ、国産さとうきび糖、白神こだま酵母、食塩

本格的な自然派パンならコレ!
「白神こだま酵母」サラのこだわりパン/サラオンラインショップ