バゲットやライ麦パンと合うチーズって?パンと相性の良いチーズをチェックしよう

バゲットやライ麦パンと合うチーズって?パンと相性の良いチーズをチェックしよう

パンはそのまま食べてもおいしいですが、トーストしたりジャムを塗ったりするなど、ひと手間アレンジを加えることでさらにおいしく楽しめます。ここでは、数あるパンのお供の中から、私たちにとって身近な食材でもあるチーズに注目してご紹介します。

チーズやパンが好きで、食材の良さを生かしたアレンジがしたいと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

チーズにはどれくらいの種類がある?

チーズというと、スーパーなどで購入できてそのまま食べられるだけでなく、料理の材料としても便利なプロセスチーズなどを思い浮かべる方が多いかもしれません。

しかし、チーズにはプロセスチーズの他にナチュラルチーズが存在します。実は、プロセスチーズはナチュラルチーズを使って作られているチーズ。

ナチュラルチーズには、白カビタイプ、青カビタイプ、フレッシュタイプ、ウォッシュタイプ、セミハードタイプ、ハードタイプ、シェーブルタイプの7種類のタイプがあります。

バゲットやライ麦パンに合うチーズとは

パンには塩分濃度が高めのチーズが合うとされています。ここでは、バゲットやライ麦パンと一緒に食べるとおいしいチーズを、タイプ別でご紹介します。

【1】白カビタイプ

白カビタイプは、名前の通り白カビをチーズの表面で繁殖させて作るチーズで、カマンベールチーズが代表的です。このタイプのチーズはバゲットに合います。チーズの風味が強く出るものならライ麦パンにも合うでしょう。

【2】青カビタイプ

ゴルゴンゾーラなどで有名な青カビを使用して作るチーズで、ブルーチーズとも呼ばれています。このタイプのチーズはバゲットや酸味のあるライ麦パンにぴったり。他にも、レーズン入りのパンのように酸味のあるパンに合います。

【3】フレッシュタイプ

フレッシュタイプはクリームチーズマスカルポーネなどの熟成させないチーズ。バゲットによく合います。バゲットの他にも、ベーグルやクロワッサンにもぴったり。

【4】ウォッシュタイプ

ウォッシュタイプは、表面を塩水や酒で洗って作られる、外皮の匂いが強烈で中身はまろやかな味のチーズ。酸味が控えめなライ麦パンによく合います。

【5】セミハードタイプ

ゴーダチーズに代表されるセミハードタイプは、ライ麦パンに合うチーズです。ふすま入りのパンにも合いますし、モルビエなどのマイルドな味のチーズならバゲットとも相性が良いでしょう。

【6】ハードタイプ

固い食感と重量感が特徴のハードタイプのチーズ。ラクレットやコンテなどの濃厚な味のチーズならバゲットにぴったりです。

【7】シェーブルタイプ

シェーブルタイプのチーズは、出来立てと完熟では違ったおいしさを楽しめる、ヤギの乳が原材料のチーズ。ヤギの乳特有のクセがあり、ライ麦パンよりもバゲットに合います。

パンに合うチーズをよりおいしく食べる方法とは

パンとチーズを一緒に食べるだけでももちろんおいしいのですが、せっかくならおいしさを最大限に引き出したいところですよね。

チーズをよりおいしく味わうためには、それぞれのチーズの持つ風味やコクに合わせたアレンジをすることがカギ。

例えば、青カビチーズとライ麦パンを一緒に食べる場合、はちみつやドライフルーツ入りのパンなど、甘いものと合わせてみましょう。チーズの塩気に甘さが加わり、深い味わいになりますよ。

また、プロセスチーズと食パンの組み合わせでは、チーズをパンに乗せてそのままトーストしても良いのですが、トマトやレタス、焼いたベーコンなどいろいろな食材を加えてサンドイッチにするのがおすすめです。

さまざまな食材と組み合わせることで、パンとチーズだけでは摂れない栄養分を一度に補うことができます。短時間で簡単に作れるため、朝食にもぴったりです。

おわりに

チーズにはさまざまなタイプがあり、タイプごとに適した食べ方があります。一般的にパンには塩分の多いチーズが合うといわれていますが、ぜひいろいろなチーズとパンを試し、自分好みの組み合わせを見つけてみてください。