コーヒーに合うパンってどんなパン?コーヒーブレイクをおいしく楽しむ方法

コーヒーに合うパンってどんなパン?コーヒーブレイクをおいしく楽しむ方法

パンを食べる際、コーヒーを愛飲する方は多いと思います。コーヒーは忙しい日々に安らかなひとときを与えてくれる飲み物ですよね。

コーヒーは、パンとの組み合わせの仕方によって「おいしい」と感じたり「合わない」と感じたりすることがあります。では、コーヒーに合うパンとはどんなパンなのでしょうか?

今回は、コーヒーブレイクをおいしく楽しむ方法についてご紹介します。

ポイントは焙煎の度合い

コーヒーは、焙煎の度合いによって味が大きく変わる飲み物です。焙煎とは「豆を煎ること」で、主に「浅煎り」「中煎り」「深煎り」の3つに分けられます。

コーヒー豆は浅く煎れば酸味が強調され、深く炒れば苦味やコクが増すという特徴があります。一般的な飲食店や家庭で作られるコーヒーの多くは、酸味と苦味が程良く合わさった中煎りコーヒーです。

さまざまな味のコーヒーがある中、パンとうまく合わせるためには「味の相乗効果」を利用することが大切です。例えば、味の薄いパンと苦味の強いコーヒーの組み合わせでは、パンの味がかき消されてコーヒーの苦さばかりが際立ってしまいます。

酸味の強いコーヒーには、同じく酸味のあるパンを、苦味の強いコーヒーには味付けの濃いパンを食べるようにすれば良いというわけですね。

【焙煎度別】おすすめのパンとコーヒーの組み合わせ

ここでは、コーヒーに合うパンをコーヒーの焙煎の度合い別にご紹介します。

浅煎りのコーヒーに合うパン

口当たりが軽く、酸味の強いコーヒーが多いため、酸味の強いパンがおすすめです。

酸味の強いパンの代表は、レーズンパンが挙げられます。ほのかな酸味を持つレーズンは、パンとも浅炒りのコーヒーとも相性抜群。

また、ドイツのパンはライ麦を使用した酸味の強いものが多いためおすすめです。ロッゲンブロートロッゲンミッシュブロートなどライ麦多めのパンを試してみてはいかがでしょうか。

中煎りのコーヒーに合うパン

中煎りコーヒーは酸味と苦味のバランスが良く、コクもほどよい仕上がり。そのため、食パンフランスパンベーグルなど、あっさりした味付けのパンが適しています。

その他にも、野菜を挟んだサンドイッチメロンパンなど、甘すぎないパンにも合うでしょう。軽くバターを塗って味付けするのも良いですね。

深煎りのコーヒーに合うパン

苦味やコクの強いコーヒーであるため、パンも味や香りの強いものを合わせましょう。具体的には、クロワッサンコロネクリームパンドーナツなど、チョコレートやバターが多めに入ったパンがおすすめです。

また、ボリュームのある揚げパンなども合うでしょう。濃厚で食べ応えのあるパンがぴったりです。

自分の舌でコーヒーに合うパンを見つけよう

味覚は個人差があるため、今回ご紹介した組み合わせを試して「合わない」と感じる方もいるかもしれません。おいしい組み合わせは、自分の舌で判断するのがいちばんです。

コーヒーとパンがマッチしているかどうかは、口の中で同時に味わっておいしく感じるかどうかです。自分の舌でおいしいと感じなければ、組み合わせが合っていないということになります。

コーヒーもパンもその種類は数えきれないほどあり、たとえ種類が同じでも、作り手によって味や風味が異なります。いろいろな種類を試し、自分に一番合う味を探すことがコーヒーに合うパン選びの醍醐味ではないでしょうか。

おわりに

コーヒーは焙煎によって酸味や苦味、コクの度合いが変化し、その上にパンを組み合わせることでよりおいしくいただくことができます。今まで意識したことがなかった、という方は、ぜひさまざまな組み合わせにチャレンジしてみてください。

コーヒーとパンのベストな組み合わせを見つけて、幸せなコーヒーブレイクを過ごしましょう!