シュトーレンやパネトーネなど、クリスマスに食べたい世界のパンをご紹介

シュトーレンやパネトーネなど、クリスマスに食べたい世界のパンをご紹介

パン文化が浸透しているヨーロッパでは、記念日にパンを食べるという風習がたくさんあります。中でも、クリスマスはイエス・キリストの誕生祝いのため特別です。家族や親戚と一緒に、クリスマスの時期だけの特別なパンを食べるのが一般的です。

日本ではクリスマスケーキやチキンを食べることが一般的になっていますが、今度のクリスマスは、クリスマスの時期にしか楽しめない特別なパンを食べてみてはいかがでしょうか。

今回は、シュトーレンやパネトーネといった、クリスマスに食べる特別なパンをご紹介します。

クリスマスに食べるパンに込められた意味

クリスマスというと、日本ではごちそうやプレゼント、恋人と過ごす日などをイメージしがちです。しかし、本来はイエス・キリストの誕生を祝う日を指します。12月24日の夜から始まり、25日にかけて家族と過ごすことがヨーロッパでは一般的です。

クリスマスに食べるパンには、ドイツのシュトーレン、イタリアのパネトーネ、フランスのコキーユ・デュ・ノールなどさまざまな種類があります。

world-of-bread-to-eat-on-christmas-2クリスマスに特別なパンを食べる習慣はキリストの誕生を祝うためにありますが、パンに多く使用されているシナモンなどのスパイスには、健康維持・魔除けを願うという意味も込められているといわれています。

クリスマスにぜひとも食べたいパンはこれ!

シュトーレン(ドイツ)

world-of-bread-to-eat-on-christmas-4シュトーレンは主にドイツやオランダで食べられており、形は楕円形をしており、表面には砂糖がまぶされています。楕円形になっている理由は、「キリストが寝る枕」や「キリストがおくるみにいる様子」を表しているためなど諸説あります。

シュトーレンは、クリスマスの4週間前の日曜日からクリスマス当日までの期間であるアドベント(降臨節/待降節)に時間を掛けて食べるため、生地には洋酒やドライフルーツがたっぷり使われ、腐りにくい工夫がされています。時間を掛けて食べる理由は、キリストの誕生を待ちわびるという意味が込められているためです。

パネトーネ(イタリア)

パネトーネは、ブリオッシュ生地の中にドライフルーツが入ったイタリア伝統の菓子パンで、シュトーレン同様アドベントからクリスマス当日にかけて食べていきます。

名前の意味には2つの説があり、1つ目はパンを表すイタリア語「パーネ(pane)」に、大きいことを表す接尾辞「オーネ(-one)」がついて「大きなパン」という意味だという説、もう1つは「トニーのパン」という意味のイタリア語「パーネディトーニ(pane di toni)」が訛ったという説が知られています。

クリスマスに食べたい世界のパン

world-of-bread-to-eat-on-christmas-3よく知られているシュトーレンやパネトーネ以外にも、クリスマスの時期に食べられている伝統的なパンがあります。ぜひチェックしましょう。

コキーユ・デュ・ノール(フランス)

コキーユ・デュ・ノールは、フランスのノール地方の伝統的なブリオッシュ。大きな丸い生地の両端に小さめの丸い生地がくっついた形をしており、まるでキャンディのようなかわいらしい見た目をしています。この形はキリストのおくるみを表しているそうですよ。生地にはパールシュガーが混ぜ込まれており、口当たりの良さとほのかな甘みが感じられます。

グリッティべンツ(スイス)

グリッティべンツはスイスの伝統的なパンで、人や動物の形をしている点が特徴です。ただし、一般的にはクリスマス当日ではなく12月6日の聖ニコラウスの日に食べられています。

ヴァーノチカ(チェコ)

ヴァーノチカはチェコでクリスマスに食べられているパン。三つ編みのような形をしており、レーズンをふんだんに使っています。ヴァーノチカは、クリスマス当日ではなく翌日の朝に食べられることが一般的です。

日本でもシュトーレンの人気が急上昇!

パン文化が根強いヨーロッパでは古くからの伝統が今でも受け継がれており、国ごとに特別なパンが食べられています。
ここ数年では日本でも様々なパン屋さんでオリジナルのシュトーレンを売り出していて、クリスマスシーズンの賑わいにも欠かせないものとなってきています。美味しいシュトーレンは、パン好きの女性の間で話題になり1か月前に予約注文で完売してしまうほど!年に1回、クリスマスに食べる特別なパン。11月に入ったらどのシュトーレンを買おうか、早めにチェックしておきたいですね!

白神こだま酵母を使った日本のシュトーレンをご紹介

ドイツ発祥のシュトーレンですが、じゃぱん編集部がセレクトしたのは、日本の白神こだま酵母で作られたシュトーレン。国産主原料・オーガニックフルーツを使用して焼き上げている、素材にこだわったシュトーレンです。白砂糖を使用せず、保存料もゼロ。これなら家族みんなで安心して楽しめますね。
2016xmas_page3_2

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)